logo
中文line日本語
logo

2019南京揚子当代芸博会 2020年09月19日


期間:20191010日~13

場所:南京 国際展覧センターAホール

 

南京という千年の歴史ある古都で開催された展示会にてContemporaryTokyoは最もユニークな日本の現代アートの魅力を披露した。展示会は4日間で延べ38千人を接待し、ContemporaryTokyoの展示ホールは初日から終日まで多くの観客で混雑していた。ホールでは貴重な「ドラえもん」シリーズ、「村上隆&藤子·F·不二雄」のダブルサイン作品などを展示、二人の芸術巨匠が時空を超えて観客の童心を呼び起こした。また杉田陽平氏の前衛立体アート作品も展示、平面を超えた顔料の折り畳み技法による雄大かつ童心あふれた樹脂彫刻作品が新鮮であった。日本でもホットなクロスオーバーなアーティスト·桜井肇氏の作品も大々的に展示した。氏は日本で最も多く創作しているアーティストの一人で、六本木ヒルズ、全日空、セブン・イレブン、JRなどとも長期的に提携して活動しており、ユニークな個人スタイルを様々な場面で表現している。

2019南京揚子当代芸博会2019南京揚子当代芸博会2019南京揚子当代芸博会2019南京揚子当代芸博会2019南京揚子当代芸博会2019南京揚子当代芸博会2019南京揚子当代芸博会2019南京揚子当代芸博会

2019南京揚子当代芸博会 2020年09月19日


期間:20191010日~13

場所:南京 国際展覧センターAホール

 

南京という千年の歴史ある古都で開催された展示会にてContemporaryTokyoは最もユニークな日本の現代アートの魅力を披露した。展示会は4日間で延べ38千人を接待し、ContemporaryTokyoの展示ホールは初日から終日まで多くの観客で混雑していた。ホールでは貴重な「ドラえもん」シリーズ、「村上隆&藤子·F·不二雄」のダブルサイン作品などを展示、二人の芸術巨匠が時空を超えて観客の童心を呼び起こした。また杉田陽平氏の前衛立体アート作品も展示、平面を超えた顔料の折り畳み技法による雄大かつ童心あふれた樹脂彫刻作品が新鮮であった。日本でもホットなクロスオーバーなアーティスト·桜井肇氏の作品も大々的に展示した。氏は日本で最も多く創作しているアーティストの一人で、六本木ヒルズ、全日空、セブン・イレブン、JRなどとも長期的に提携して活動しており、ユニークな個人スタイルを様々な場面で表現している。

2019南京揚子当代芸博会2019南京揚子当代芸博会2019南京揚子当代芸博会2019南京揚子当代芸博会2019南京揚子当代芸博会2019南京揚子当代芸博会2019南京揚子当代芸博会2019南京揚子当代芸博会